2010年04月28日

090209横浜→成田空港→スキポール空港(オランダ)→リスボン

PICT0001.JPG

PICT0032.JPG

PICT0034.JPG



2009年2月9日から2月24日までの新婚旅行。

その初日。




posted by ミズワニ at 11:33| Comment(17) | TrackBack(0) | 新婚旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

★☆★Danke schoen!!☆★☆

PICT0724.JPG早かった。もう終わってしまった。残念。。

コメントどうもありがとう!!


うたこ:
元気だったよ!月末に、またレストラン

ともみちゃん:
体調崩さず終われたよ手(チョキ)
あのオーストラリア人の言葉はほんとウケタひらめき
次の計画、と言いたいけど、ちょっと無理だろうなぁモバQ

かずみちゃん:
途中から、雨がうまいことよけてくれるようになって!!
移動中は降るけど歩きだしたらやんでくれたりわーい(嬉しい顔)
引っ越しも一大イベントだし楽しみだよ牡羊座

ふーこちゃん:
人数の多い時期だったから余裕で休めてよかったよ手(チョキ)
あーでも仕事という現実に戻るんだなぁ電車
またセンターで手(パー)

ユッコちゃん:
ありがとう黒ハートなかなか更新しなくてゴメンよぉ。。。
落ち着いた頃、会いましょぴかぴか(新しい)
また連絡しますsoon

みっこ:
うんっ、短かったけど行ってよかった飛行機
さぁ仕事だぁ〜電車電車

marisuke:
途中、行動が忙しくて全然更新していなかったんさたらーっ(汗)
ランチ行こうねレストラン








posted by ミズワニ at 19:12| Comment(18) | TrackBack(7) | 2008 ドイツ・オーストリア・チェコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

080611→ソウル・インチョン→成田→アパート

PICT0856.JPG夕日のあと暗くなるかと思いきや、東に移動していて夏の北半球を大圏で移動していることもあり夜にならずに強い日ざしが戻ってきた。


日本時間の1225ソウル・インチョン空港着。
成田行きは1710発だ。


一度韓国入国してこの春韓国人と結婚した友人と会う。

旅の話や韓国での生活、その他もろもろカフェラテ1杯で3時間位話していた。
韓国での結婚式の写真も見せてもらった。

お土産に海産物等が入っているキムチを大量に貰った。ごちそうさま!ありがとう!!

とても楽しい時間が過ごせ、別れが惜しかった。


乗り継ぎの便は小さめでまた窓側、真ん中がいなくて通路側に韓国→日本にしては珍しい色の黒い彫りの深いインド〜中東っぽいビジネスマン系の男の人が乗ってた。

彼もやさしく、到着時上に乗せた荷物を取ってくれたりした。


1930成田空港着。
荷物を取りJRの定期を買い京成電鉄に乗りJRに乗り換え家へ帰る。


終わっちゃったんだなぁ、と思うと淋しいけど、楽しかった!
posted by ミズワニ at 20:43| Comment(14) | TrackBack(0) | 2008 ドイツ・オーストリア・チェコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

080610ヴュルツブルク→フランクフルト空港→ソウル・インチョン空港へ

PICT0666.JPG200806102145000.jpg朝から快晴!
嬉しいけど、大分焼けた。時計焼けしてるし。


シャワー浴びて朝食とって、チェックアウトし荷物を預かってもらい外に出る。
世界遺産のレジデンツ、英語のガイドツアーに参加した。
理解は、うーん、だけど、ガイドツアーでしか見れないところがあるから。

参加してよかった!
一般の方だけよりずっと素晴らしい部屋が見れた。


街のいくつかの教会をみた。
大聖堂を出た広場でなんかの市民の団体らしきがブラスバンド演奏していてしばし聴く。


その後橋を渡った対岸の岩の上にあるマリエンベルク城塞に登る。

暑かったが眺めが最高!

トモさんも「ヴュルツブルクよかったよ!」って言ってた。
私も同じだ。

街自体もだが葡萄畑が駅のすぐ裏の斜面からずーっと広がっているところが特に。


ホテルに荷物を取りに行きドイツ版新幹線といえるICEに乗ってフランクフルト空港へ。やっぱり途中で雨が降る。


フランクフルト1700発。

機内はあんまり混んでなくて、3列部分が1人の人などはひじ掛けを上げて横になって寝ていた。
私は窓側で、真ん中がいなくて通路側の人は、韓国人で食事の取り下げを手伝ってくれて優しいおばさんだった。
発着時と食事時間以外は仲間近くの他の席に行っていてほとんどいなかった。


窓側のため外見放題。
向こう時間の10時頃、就寝のために下げられたブラインドを少し開けてみると、見事な夕日だった。

鬼束ちひろや洋楽その他を聴き、『フールズ・ゴールド』という映画を観て休んだ。
posted by ミズワニ at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008 ドイツ・オーストリア・チェコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月10日

080609レーゲンスブルク→ヴュルツブルク←→ローテンブルク

PICT0525.JPG200806091755001.jpgあまりにも好きな街なので、9時過ぎの列車に乗ろうとしてたが、もっと見ることにした。

ドナウ川にかかる橋に行き対岸からの眺めのあと、インフォメーションに行ったら日本語のフリーガイドマップがあったので貰っていく。

さっき見た大聖堂だけでなく、小さいが中がとてもきれいな教会が紹介されていて行ってみる。

本当に素晴らしかった!


橋の袂のドイツ最古というソーセージ屋へ。ザワークラフトの上にソーセージ6本。
ザワークラフトはかなりしょっぱ目だが、とても美味しかった!


ニュルンベルクで乗り換えてヴュルツブルクへ。
ここには泊まるつもりだったが、ただ一つ日本から予約してなかったところ。
最後ぐらい奮発してリーズナブルなホテルのシングルに泊まることにする。

対応してくれた40〜50代位の女の人がとてもよかった。


列車待ちの間市内を観て、中世の街並のローテンブルクへ。
移動中雨降って、またかと思ったが、着いたら見事晴れてくれた。

人気観光地だけのことはある!
城壁の外からタオバー渓谷の眺めも!

遅い時間で日本人団体ツアーがいなくてよかった。
やっぱり韓国と中国の団体はいた。


戻りの列車の中から夕日に照らされたドイツの大地と街を眺めてたら、もう終わっちゃうんだってことがすっごく淋しくなった。


またヴュルツブルクを歩き夕飯を買いホテルへ。

シングルにして正解。荷物の整理に相当広げて手間をかけた。
posted by ミズワニ at 07:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 2008 ドイツ・オーストリア・チェコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

080608プラハ→レーゲンスブルク

PICT0300.JPG200806090456001.jpg昨日疲れたせいもあり、今回の旅で一番遅く起きた。0830。本当は6時に起きて行動しだすつもりだった。

昨日行かなかったユダヤ人地区にいこうとしてたがすっかり忘れてた。

まず中央駅でレーゲンスブルク迄のチケットを買いに行く。
はじめ並んだ窓口が国内線だったらしく、「国際線は上の階の窓口に行ってね」
国際線の窓口で、レーゲンスブルク迄と調べてきた紙を見せると、ちょっと待ってね、と、一度奥に行きまた戻ってきた。
「今日だけ、スペシャルプライスのチケットがあるの!たったの490チェココルナ。普通だと1000以上するの!」
やった!凄くいい日に移動!


テスコの外で露天で売っていた、パンのようなクッキーのような、真ん中が空洞の甘いお菓子がとても美味しかった。
焼きたてで中はふわふわ、外はカリッ。

時間もあまりないので、カレル橋とプラハ城がよく見える場所に行き、最後のプラハを惜しむ。


テスコ(ショッピングセンター兼スーパーマーケット)で買い物し、中央駅へ向う。途中、ユダヤのシナゴーク(礼拝堂)があり、思いもよらず見れてよかった。

列車はニュルンベルク行きだったのに、チェコからドイツに入った駅で急遽乗り換えとなった。

用意されていた車両は短いのに一等車が2両もあり、乗り換えた時点で座りきれない人が出た。
私は中国人カップルの横になんとか座れた。

警察?入国管理の人?が入ってきて、東洋人であるうちら3人にだけパスポートの提示を求めた。

結局、調べていった時間より1時間遅くレーゲンスブルクに着いた。


予約していたホステルはちっちゃなお店がレセプションになっている。
20時迄にチェックインしてくださいとあったが、19時なのに閉まっている。
貼ってある番号に電話してみるがつながらない。

まいったなーと思っていると、通りかかった2人組の男の人が連絡をとってくれた。
若い男の人がきて無事チェックインできた。


この街はもともと来たいと思っていたわけでなく、日程上で宿泊のためにきた。
が、来てよかった!今回の中で一番私好みの街だ!

大きすぎず歩いて回れ、水辺(ドナウ川が流れている)があり、石畳に細い路地と、街並は世界遺産に登録されていてきれい。

ちょっと前のあいのりで誰かがこの街の橋の袂で告白していたようなきがする。

今日はサッカーのユーロ2008でドイツがどこか(ポーランドかな?)と対戦で、夜9時頃は、街のあちこちのビアガーデンで巨大スクリーンを観ながら盛り上がっている。その歓声はすごいものだった。


このホステル自体の雰囲気も好きだ。
宿泊者数人でサッカー観てる。
コーヒーを飲みに行ったらオーストラリア人の男の二人組が来た。
彼らはもう5ヶ月だそうで、私が日本から来たというと、
「トウキョウ、ナゴヤ、キョウト、オオサカ、ヒロシマ、シンカンセンビューン!」
と言っていた。
posted by ミズワニ at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008 ドイツ・オーストリア・チェコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

☆★☆Danke!★☆★

PICT0200.JPG詰め詰め日程で朝から晩まで行動している日が多く、暇だー!って思うことが無い今回。
コメント返事が遅くなってしまいました(;^_^A

どうもありがとう!!


ともみちゃん:
花君は、ドラマでもやっていた『花ざかりの君たちへ』だよ!『HANA-KIMI』だった。その後に英語の『フォーなんとかブロッサム』ってあったよ


かずみちゃん:
今回お天気にはあんまり恵まれなかったの(>_<)でも要所要所で晴れてくれたよ!


ユッコちゃん:
ありがとう!気付けばもう終わりに近い。早かったよ〜!


うたこ:
何もなく平凡に終わるほうが少ないもんね。危ない目にあったわけじゃないから醍醐味だとおもうよ!


フーコちゃん:
天気もあったけど雨も多かった(;^_^Aマンガ&満喫サイコーだね!ヨーロッパにもこんな施設があるなら泊まり歩きしそうだよ(^^)


たいちん:
一緒に現実逃避しよう!…って、もう少しで終わっちゃうんだけどさ…淋しいなぁ。。。


ポラリス:日本は台風かぁ、あんまり来ないといいね。余談だけどこの旅でいろんな船関係の夢をやけに多くみたよ。


marisuke:
写真逆さまだったのね(;^_^A今回携帯で撮ったやつ送ってるから、いまいち向きとかどう処理していいかわかんなくてさ。帰ってPC開いたらみてみる。


みっこ:
旅先で会う日本人ほんと心強くて!ご飯も観劇もカフェもできて感謝感謝だったよ(^-^)
posted by ミズワニ at 20:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 2008 ドイツ・オーストリア・チェコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

080607プラハ市内

PICT0226.JPG200806072232000.jpg朝から青空!
地下鉄で、ヴィシェフラドという、繁華街の南の高い城=廃墟で公園(スメタナのわが祖国の1楽章はこれ)へ行き、眺めと緑を堪能したのち、ムハ(ミュッシャ)美術館に行ったり、ひたすら市内を歩く。

プラハはかなり楽しみだったところ。

天気もいいし、期待を裏切らないところだった。


市民会館の入り口で、掲示してあったコンサートの広告を見ていたら、スタッフに勧誘された。
ウィーンのオペラ座があまりにもよかったので、プラハでもなにかしら見たいなぁと思っていた。
でもここに決めてしまうべきかどうか。

迷ったが、スメタナホールということもあり、買うことにした。

はじめに両替した100ユーロ分がなくなったので、再び100ユーロをチェココルナへ両替。
チェコでは贅沢しよう!

カレル橋に出たら、すごい人!あちこち露店がある。
そこからプラハ城へ。結構な坂だ。


プラハは、この旅で一番観光客が多い。
韓国人団体、中国人団体は多かったが、日本人団体には会わなかった。
個人旅行者は結構いた。


城から街の眺めがすごい。
苦難の歴史を歩んできて、ビロード革命で一滴の血も流さず民主化に成功するなど、歴史的背景を見ても感動的な街だ。


久しぶりに歩きすぎて、足が痛くなった。
かなりひどい。今回のNo.1だ。
もうダメだと思い、24時間乗車券を買う。
少しの距離でもトラム、ケーブルカー、地下鉄を使った。


コンサートの時間まで市民会館内のレストランで過ごし、15分前に会館内のスメタナホールに行く。


ここも思っていたよりこじんまりとしていた。
総勢15人程の弦楽器のもので、指揮者はいなく、第一バイオリン奏者の女の人が呼吸合わせをしていた。
この人は体全体で演奏していて、みていて引き込まれるものがあった。
プロフィールをみたら35歳だった。
posted by ミズワニ at 20:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 2008 ドイツ・オーストリア・チェコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月08日

080606ウィーン→チェスキー・クルムロフ→プラハ

PICT0108.JPG200806062028001.jpg今日も曇り空だ。ウィーンでは晴れ間は見なかった気がする。

早い列車なので0445に起き、0530にはホステルを出発する。
地下鉄に乗り、国鉄の駅まで。0625の列車に乗る。
コンパートメントだった。
途中雨が降ったり、乗り換えかと思ったらチェコに入るためか、先頭部分だけ交換したり。

緑のスカートのチェコ人の女の学生が乗ってきて、私がプラハのガイドのコピーを見てたので、いくつか説明してもらう。彼女はプラハに向う。

乗り換えが一部分バスで代行だったりまた列車に乗ったりしたけど、無事チェスキー・クルムロフに着いた。

世界遺産の街だ。
城に行ったら、中世の格好している人たちがいて、音楽も演奏してたりでいい雰囲気だった。


15時のプラハ行きのバスに乗ろうとバスターミナルに行って、運転手にチケット欲しいというと、予約で満席だという。

仕方ないので、インフォメーション迄戻り、次の便の予約をした。
これで安心だ。


プラハ行きのバスではほとんど眠ってしまった。
気付いたら晴れていた。青空がこんな恋しかったなんて!
posted by ミズワニ at 07:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008 ドイツ・オーストリア・チェコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

080605ウィーン市内

PICT1040.JPG200806060552001.jpg晴れていたら足をのばして世界遺産のバッハウ渓谷に行こうとしてたが、朝から雨。
やめてゆったり市内観光にする。


まずフンダートヴァッサーハウスという奇抜なアパート。フンダートヴァッサー(日本では百水と訳されている)という人の作品。

近くにお店がある建物がありこれ自体もその中のトイレも楽しかった。


その後昨日地下鉄(地上を走っていた時)から見えて気になっていた教会、中に入ったら白を基調にしてあって清潔感がありとてもよかった、や、中心部をトラムで回ったり。


次にシェーンブルン宮殿へ。
ヴェルサイユ宮殿程の豪華さはないものの、素敵だった。庭は整備している部分があり、いくつか車両が入っていた。


デジカメに写真がいっぱいになってきたので、ホステル近くのインターネットに行くことにした。アダプターを取りに部屋に戻ったら、午後4時位だというのに8人部屋に4人は寝ていたぞ!?


1730にトモさんとシュテファン寺院の前で待ち合わせる。
トモさんの地球の歩き方に載っていたウィンナーシュニッツェルのお店へ行く。早く着いたから普通に入れたものの、時間が経ってきたら並んでいた。

お皿からはみ出ている直径25センチくらいのがでてきた!一人1枚だ!あとはポテトサラダを2人でシェア。
かなり薄くのばしているがボリュームはある。
日本のカツより油っぽさはない。とても口に合い美味しかった。そしてお腹いっぱいになった。


いよいよオペラ座へ。思っていたよりこじんまりとしていたが、やっぱり豪華でいい!

演目はバレエだった。
トモさんいわく、「おもちゃのチャチャチャみたい」
そんな感じのかわいらしいものだった。

休憩をはさんでもう一幕は違う話のバレエで、変な動きをする人が出てくるたび、私の右隣の人が笑ってて、私はそれにうけてしまった。


すごくよくって、名残惜しいので、カフェとケーキを食べてから帰ることにした。

フュッセンで会って以来、ここまで同じルートだったけど、彼女はこれからハンガリーへ、私はプラハへ。
別れは惜しいけど、お互いよい旅にしようね!
posted by ミズワニ at 07:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 2008 ドイツ・オーストリア・チェコ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。